読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

早速新しい弁護士さんを紹介していただけるとのことで、今日中に

多忙な先生の予定を調整していただいて、今日中に予定を連絡してもらえるそうです。私なりに今手元にある証拠などはまとめておいて、お話をしに行った際にお見せしようと思います。でも初回はきっと相談というより顔合わせになるのでしょうね。娘の都合がつくようなら同席してもらって、一緒に先生のことを見てもらうようにします。私ひとりの判断よりも確実でしょうから。

 

息子のお嫁さんが連絡をくれて、実家から美味しいお魚が届いたからお裾分けしにいきますと言ってくれました。今夜は焼き魚か煮付けにしようか、それともお鍋にして温まろうか、今から楽しみです。

こうやって明るい話題を共有しあったり、喜びや悲しみも一緒に分かち合えるのが家族ですよね。今は子供達の家族と仲良くさせてもらい、家族というものの絆の大切さや、幸せを噛み締め実感していますが、私が今まで「家族と呼んでいたもの」は本当に酷かったのだと改めて感じています。

 

うちの家族になったのなら誠心誠意尽くせ

嫁として嫁いだからにはお前に自由なんてない

愚図で役立たずな嫁にやる飯はない

お前のせいで知恵のない子供が生まれた

お前は我が家の血を汚したんだ

 

 

 

義理の母からしょっちゅういびられ、このような言葉を浴びせかけられ続けてきて、私の心は修復不可能なくらいに痛み、傷ついてしまったと思っていましたが、娘や息子家族の優しさや温もりに触れて少しづつ生き還ってきているような気がしています。

病院で先生にも言っていただきました。前を見たり、未来を夢みるのは大切なことだけど、1番大事なのは今をしっかり生きることだと。思えば私は過去や未来ばかりを見ていました。そのせいで今を見失っていたのです。今自分の身の回りに存在している環境がこんなにも幸せなのだから、きちんと噛み締めて今を生きないと勿体ないですよね。

 

先のことを見れば不安がいっぱいですし、1人で自立をして生活をすることは思っていた以上に大変なものだと痛いほどよく分かりました。離婚も時間がかかるでしょうし、この先楽なことなんてひとつもないと思っていますけど、1つ断言できるのは「今がとっても幸せ」だということ。これは紛れもない事実です。

 

ひとりで塞ぎ込んでいた私を子供達家族が救ってくれました。病院の先生や弁護士さんが味方になってくれました。そして、このブログを通じて応援してくださる皆様が勇気をくれました。もうひとりじゃないんです。あの頃とは何もかも違う。今日、今この瞬間の1歩1歩を大切にして、自分を見失わないように今後も歩んでいきたいです。