読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

離婚を決意してから、ブログを始めたり自分の部屋に鍵を取り付けたり我が家から脱走したり

自分なりに色々な抵抗をしてきたつもりです。私にできる唯一の抵抗。主人に対して怒りや恨みの感情はありましたけど、何か物理的な仕返しをできるほどの度胸なんてありませんし、私がある日突然消えてしまう事が、私にできる最大限の制裁だと思っていました。

しかし、今までの私の行動はことごとく空振りしています。私の考えや見通しが甘いのでしょうね、最初に考えていたほど色々な事がうまくいかずに、結果今は娘たち家族に多大な迷惑をかけてしまっています。厚意として受け入れる事を決意しましたけど、昨日の主人の連絡のような事があると・・・どうしても大きな罪悪感を感じてしまいます。

 

次に私にできることは?すべきことは?

そう考えたときに、引っ越しや仕事のことを真っ先に決めなければいけないと感じていました。いつまでも娘に甘えるわけにもいかないし、少しでも早く自立しなければいけないと。離婚なんてその次でいい。あの人のことはしばらく考えたくもない。そう思っていました。

 

 

 

しかし、ここで皆様からのアドバイスや助言をいただいて、温かいお言葉に触れている内に、離婚こそ早めに決着をつけるために積極的に動かなければいけない問題なのだと気付きました。主人や義家族が「家族」である限り、完全な他人にならない限り、私や娘も息子も呪縛から逃れられないのですよね。

体調が完全に回復したら、改めて弁護士さんを探します。そして、離婚についての話を真っ先に進めようと思います。娘やお婿さんが私の事を思って家に置いてくれている間に、1番の不安要素を解消するために私自身が動かなければいけません。

 

主人は離婚を簡単には受け入れないでしょう。むつみや義理の母も出てきてあらゆる反論をしてきそうな予感がします。それを想像しただけで憂鬱ですし、簡単にはいかないと想像でいるのですが、それでも頑張らないといけませんね。これを最優先事項として。

 

今夜娘とお婿さんに改めて私の意思を伝えようと思います。

やはりどうしてもあの人の昨日の発言を聞いて許せませんし、娘をあんな心ない言葉で泣かすような人とは他人になるべきだと強く感じました。本当は息子にも相談したいですが、息子は離婚を反対していますし、また話し合いをした方がいいと言ってくるでしょうから、今は黙っておきます。

 

離婚。あらためて決意すると気が引き締まる思いです。