読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

鈍間で愚図で役立たずの出来ない嫁は一刻も早く荷物をまとめてこの家から出ていけばいい

孫は私が明日にはこの家を出て行くことを子供ながらに理解して、もっとずっといればいいのにと言ってくれます。ばあばは優しい孫がいて心から幸せです。

 

ここ最近、主人やむつみの話はよく聞いたり、実際に私や子供たちのところに連絡がくるので話題にもなりますが、義理の母の話を全く聞いていません。私の中で恐怖の象徴のような人なので話を聞かないに越したことはないのですが・・・何を考えているのか、何をしているのか分からないと不気味に思えてしまいます。

向うから近づいてこないのであれば、深追いをせず、気にもしないで放っておくのが1番良いのでしょうけれど。考えてしまえばその分ストレスが溜まるだけですから。

 

義理の母から受けたストレスで、最初に精神が崩壊し、体調を大きく崩してしまった時のこと、私は主人からも助けてもらえず、さらに深い深い闇の中に引きずり込まれるような恐怖を受けていました。

義理の母は明らかに、私の事をいびり虐めることに快感を覚えていました。私でストレス発散をしていました。これは決して被害妄想や思いこみなどではなく、確信です。

 

 

 

私が熱を出している時や、立ち上がれない程の体調不良を抱えている時でもあの人は容赦しません。その家に嫁いだ嫁は何があっても休むことはできない、私のときは何も言われなくても自分で家の中の仕事を見つけては動いていた、お前のような甘い考えの嫁ではどの家にも嫁ぐことなんて出来ない程厳しかった。そう何度も聞かされました。

 

毎回のように顔を合わせるといびられ、罵倒され、パチンコや競馬で負けて機嫌が悪いときは私に物を投げつけたり、大声で怒鳴ってストレス発散の対象にしていました。

ここにも何度も書いていますが、最初はそれでも必死になって家族に受け入れてもらえるようにと努力をしてきました。気に入ってもらえるように出来ることはなんでもしました。

しかし私への態度や仕打ちは過激になる一方で、主人も見て見ぬふりをするようになり、そしてついに私の精神は崩壊したのです。

 

何をしようとしても立ち上がることすらできず、熱も出て頭の中はぐるぐると回っていて、気分も悪く体中の倦怠感が酷くてどうしようもない状態のときに、義理の母は私の耳元で、鈍間で愚図で役立たずの嫁はいらないからすぐに荷物をまとめてこの家から出ていけと言いました。

何度も何度も、そのような言葉を繰り返し私に浴びせかけて、その直後にテレビを観て大声で笑っていたり、家中のものを勝手にひっかきまわしたり、好き放題されました。

 

全てがストレスでした。何もかも嫌になって、当初は主人に相談をしていましたが、何も聞き入れてもらえず。この人に何を言っても解決なんて出来ないのだと理解しました。

 

 

あんなに出ていけと何度も言われ、それでもその罵倒に耐えて生活をしてきて、いざ私が家から本当にいなくなったときに家族そろって必死になって追いかけてくる、連れ戻そうとしてくる、理解出来ませんよね。あきらかに異常です。

弱っている人、苦しんでいる人、困っている人にさらに追い打ちをかけて楽しめるような人たちです。まさに鬼・・・むつみも年齢を重ねるごとにどんどん義理の母に似てきているような気がします。毎日暇を持て余しているのなら働きに出ればいいのに。

 

出来るだけ昔の事を思い出さないように努力をした方がいいのか、思いだしたことをこうして文字にして発散していった方が心が浄化されて楽になれるのか、どちらが正解なのかはわかりませんけれど、今まで溜めこんで一人で悩んできた分、今は思いきり吐きだしたいです。

 

数日は、先のことを考えるのをやめて、今を生きます。今を生きる中で思いだした過去のこと、苦しんだこと、辛かったことは吐き出させてください。

いつかここを息子に見せて、実際に私がどんな仕打ちを受けてきたのか、本当のことを知ってもらうときのためにも、できるだけ多くを記しておきたいのです。