読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

他人が持っているものを欲しくなってしまう義姉の性格上、ひょっとしたら今度は・・・

以前にもここに書きましたが、義姉は人が持っているものを欲しくなってしまうと、自覚して自分でも公言しています。今まで何度も「はるこさんのそれ、いいわね」そう言われて私の所有物をとられそうになりました。最初のうちは、ちょっと貸してみて、ちょっと使わせてよ、そのくらいの主張だったのですが、私が家を出る直前には、あのダウンコートのことといい、勝手に私が持っている物を自分の所有物のように扱うようになりました。そして、気にいるとそのまま本当に自分のものにしてしまうという・・・ただの泥棒ですが、それが犯罪行為という自覚はないようです。

 

むつみの捻くれた性格は相当なもので、人が幸せそうにしていると妬み、相手の文句を言い始めます。対象は恐らく世の中の人すべて。テレビを見ていて芸能人の方が結婚会見などをしていると、それに対して文句を言い始めます。この男は絶対将来浮気をするとか、この女は幸せにはなれないとか・・・素直に人のことを祝福できないのでしょうね。生まれつきのむつみの性格なのか、何かが原因でそんな風にねじ曲がってしまったのかはわかりませんけれど。あんな風に生きていて楽しいのかな?と思ってしまうことが私には何度もありました。

(私の今までの人生に比べたら自由に生きたいように生きている彼女はとても幸せそうでしたが)

 

むつみが次に手に入れたいもの・・・ものと言うとちがいますが、もしかして、それは自分を信頼して尽くしてくれる「子供」なのでは?と昨晩一人で考えていました。

 

 

 

私を庇い、尽くしてくれる娘や、妻が家を出て行って困っている主人に寄り添ってくれる息子。そんな子供たちの姿を見ていて、そこが羨ましくなったのではないかと想像していました。

そう考えると、娘と2人で会いたいと執拗に言ってきたことや、今度は息子にすり寄っていることも辻褄が合うような気がして・・・自分は二度の結婚生活に失敗して、子供もいませんから、今更になって羨ましくなった可能性は十分に考えられると思います。普通の人なら、他の人の子供をどうにかしようという考えには至らないのですが、あの人なら・・・そのくらいは平気でするでしょう。

 

息子の目を覚ましてあげたいのですが、経験した私にはわかります。義理の母やむつみの言葉(洗脳)は恐ろしいと。

義理の母を慕い、何でも言うことを聞くような「とりまき」のような人たちが大勢いると以前も書きましたが、そういった人たちも何か見えない力によって操られているような、そんな怖さがあります。

 

 

ただの私の想像ですし、これが事実とは限りませんけど、むつみは私の大切な子供たちをどうにかしようとしている・・・そう思って警戒しておいた方がいいのは間違いなさそうです。そして、考えたくもありませんがその先には孫たちがいるので。絶対に危険な目にあわせるわけにはいきません。

 

今日は孫と一緒にプランターにお水をあげて、先ほどまでお絵描きをしていました。ご飯を食べたら一緒にママのいる病院へ行きます。

孫の笑顔はどんなときでも私の心を満たし、幸せにしてくれます。私にとっての1番の特効薬。この笑顔が曇るようなことは絶対にあってはいけません。