読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

弁護士さんから昨日パソコンのメールアドレスに連絡がきていた事につい先程気がつきました。

弁護士さんのところに息子から連絡が届いていたそうです。さすがに仲が良いとは言っても私が相談している内容については話さないでおいてくれたとのこと。(弁護士なので当たり前なのでしょうけれど)

 

色々と私の動向を探るような事を言っていたみたいですが、おそらくはむつみの差し金でしょうね。私が弁護士さんに離婚を含めて今後のことをお願いしているということは、むつみや主人に明かしていないと信じたいです・・・

昨日からの移動と、物件が決まらなかった事の心の疲弊でいまはあれこれ考えられません。無事だったとは言え、娘も倒れてしまったわけなので。こんな時にわざわざ主人やむつみの事を考えてストレスを感じたくありません。

 

孫はママがいなくても良い子に寝てくれたので、私も今日は早めに休もうと思います。

 

 

 

明日はやる事がたくさんあるのでまた忙しくなりそうです。久しぶりにこの辺りの外を出歩かないといけないので、周囲には十分警戒して行動します。

週末ですし、主人と義家族が一緒に過ごしている可能性も高いので・・・さすがにあの人たちもそんなに毎週私を探し出そうと街中をうろつくほど暇ではないと思いますが。

 

お婿さんと話をしていて、ここ最近の娘の心労を改めて知りました。私のこと以外にも色々とあるみたいで。早くあの子に負担をかけないようにならなくてはいけません。私がきちんと子離れできないと、この先いまよりもっとあの子に負担をかけてしまうことになりますから。

 

久しぶりに鬼家族が住む土地に足を踏み入れている事を想像すると恐ろしいですが、私の行動は今あの人たちに把握されていないはずなので、余計な心配をしすぎないよう今直面している事態に優先して向き合おうと思います。

 

私にはたくさんの味方がいる、子供たち家族やここの皆様や弁護士さん、もう昔みたいに一人であの人たちと対峙しているわけではないのだから、必要以上に怖がる必要なんてないのかもしれませんね。

今日はいやな夢を見たくありません。できれば、何の夢も見ずに明日の朝までぐっすりと眠りたいです。今日も1日ありがとうございました。おやすみなさい。