読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

私の心を見透かしているような言葉をかけられ、新天地へ出発する直前で

新天地へ向けて出発します。とにかく今は自分の新たな生活の拠点を見つけることに集中します。次に住む場所が、私の今後の人生すべてを過ごす地になるでしょうから、過ごしやすく、仕事もしやすいところをなんとか見つけたいです。

今いるところよりは、家賃の相場もかなり低そうですが、それでも貯蓄に限界のある私にとって家賃は最も重要な要素です。かと言って家賃のことばかり考えていると、今回のアパートのようにその他に様々な弊害が出てくる可能性も考えられますので(アパートは仮住まいとして条件を受け入れて契約したのですが)・・・そこは慎重に、可能な限り物件を見せてもらって、内覧もたくさんして決めます。

 

緊張しています、楽しみでもあります。私なんかが自立してしっかり生活をしていけるのか不安もあります。それでももう私は前へ進む歩みを止めることはありません。振り返ることも絶対にしません。やっと、20年以上我慢してようやく外の世界に出ることができたので。

 

つい先ほど、息子のお嫁さんが連絡をくれました。DV被害の経験者であり、息子や私のよき理解者である優しいお嫁さんです。もちろん私が今日新天地へ部屋を探しに行くことは話していませんから知りません。

 

 

 

彼女は

息子が私にいくら会いたいと言ってきても、今は会わなくて大丈夫です。むしろ、会わない方がいいですと言いました。きちんと息子と話し合って、言い聞かせておきますからと。まるで私の今の揺れ動く気持ちを見透かすかのように、そう言ってくれました。お母さんは今ご自身のやりたいこと、すべきと思っていることに集中してくださいと言ってもらい、勇気が湧きました。迷いが消えました。本当にありがたいです。

 

今、DV加害者が何を言ってきても、息子を通して何かを伝えてきても、耳を貸しては絶対にダメですとアドバイスもしてくれました。皆様からも教えていただいている通り、主人や義家族が今私に対して何を言ってきたとしても、それがたとえ反省の言葉であっても、あの人たちの本質は変わりませんものね。反省も一過性のもの。実際に私があの生活に戻ったとしたら、同じことが繰り返されるのは目に見えています。

 

もう趣味の釣りに時間を割かない

家事を分担して手伝うようにする

家にお金をきちんと入れるようにする

むつみや義理の母は家に近付かない

 

主人が発したこのような公言は最初から信じていませんが、今までの生活を見てきて出来るはずがないと思っています。今までそうしてこなかった人が、急に心を入れ替えることなんてできませんよね?

DVを受けた方、不倫をされた方、男性に苦しめられた様々な方のブログを拝見していましたが、一度は本当に反省をしたような発言、態度をするけれど、すぐにまた元どおりになる。結局は反省なんてしていない。と皆さんがおっしゃっていました。

加害者の心理?としては、それが一般的なんですね。元どおりの便利な家政婦がいる生活が手に入れば、必死に約束をした内容なんてどこかへ消えてしまうのだと思います。

 

 

移動中はゆっくり休んで心を落ち着かせます。きっと良い住まいが見つかります。私は現在無職ですし、ワケありなので、厳しい契約条件の部屋では審査が通らない可能性もあります。簡単にすんなりというわけにはいかないと覚悟していますけど、きっと大丈夫。たくさんの方が勇気をくれて、私の背中を押してくださっているので。

 

夢にまで見た新天地への引っ越しです。明るい気持ちで臨まなければいけませんね。