読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

これ以上は諦め切れないのです。これ以上諦めたら何も無くなってしまいます

アパートの部屋に残してきた荷物をどう取りに行くか考えていました。あそこに残っているダンボール数箱分の荷物は、絶対に諦めることのできない物です。本当は我が家に残してきたものも手放したくない思い出でしたが、その中でも特に1番優先して持ち出した荷物なので・・・今回に関しては絶対に諦めるわけにはいきません。

亡き両親の思い出や、子供と孫との思い出もあります。次の生活をはじめる上で、あの荷物は私に必要なものなのです。

 

大家さんにお願いして新しい引っ越し先や、娘の家に一度送ってもらうなどの選択肢も考えました。しかし、そのような事は一切してもらえないと最初の契約のときに約束をしています。その分融通を利かせてもらっていますし、家賃もお安いので文句は言えません。

他に考えられるとすれば・・・娘に取りにいってもらうわけにもいきませんから、自分で取りにいく他ありません。例えば、タクシーでアパートの目の前まで乗り付けて、そこで待っていてもらい、すぐに荷物を運び出してしまえば、それが早朝や深夜であれば、誰にも見つかることなく決行できるのでは?と考えていました。この考えは甘いでしょうか・・・

 

 

 

あの部屋の場所を主人やむつみや義理の母が把握しているとは思っていません。息子はさすがにそこまで話さないと思うのです。私がどこかに部屋を借りて済んでいるという事は想像しているでしょうけれど、場所の特定はしていないと思っています。

私の憶測なのですが・・・探偵を雇ったり、専門の機関を使って人を捜索するなんてかなりのお金がかかりますよね?そこまでのお金を支払って私なんかのことを探すとは考えられないのです。

 

あの人たちが本気でサイコパスだとしたら、手段は選ばずに私のことを徹底的に追い詰めるということもありえるのでしょうけれど・・・ほんの数分でアパートから荷物を運び出してしまって、そのまま引っ越しを決行して遠くへ消えてしまえば、もう二度と関わることはないと思っています。

 

それから、弁護士さんのこと・・・息子から紹介してもらった弁護士さんなので、息子の会社と蜜につながっているのですが、さすがに自分が担当している個人の情報を外に漏らすようなことはありませんよね?

弁護士さんを疑うなんてことは当然していませんけれど、もしあの人が息子と仲が良くて色々と話をしてしまうとすれば、思わぬところから情報が漏洩してしまうと思ったのです。

 

考えすぎですよね。そんなこと現実的ではありませんし、それを心配していたら何も行動できなくなってしまいます。

今私に協力してくださっている方のことを信用して、とにかく前へ進むことを考えたいと思います。