読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

引っ越し先の相談に乗るという優しい言葉にすら恐怖を感じてしまう私の精神状態

自分ではそこまで心が乱れている状態ではないと思っていたのですが、今朝息子と電話で話したときに、息子の言葉ひとつひとつに疑いの念を持ってしまっている自分の精神状態は・・・予想以上に荒れているようです。

息子はただ優しさで言ってくれているのでしょうけれど、引っ越し先の相談に乗るだとか、一緒に不動産屋さんに行ってくれるという言葉に警戒心を持ってしまっています。こんなことではダメですよね。あの人たちのせいで、自分の子供の発言にすら疑念や恐怖を感じてしまっています。苦しいです。今自分がやるべきことは分かっているのですが、どう動いたら良いのか、どう整理していくべきなのか、正直混乱しています。

 

一思いにひとりで遠くへ行ってしまえば良いのかも知れません。ここから消えてしまうのが正解なのかもしれません。あの家からようやく外の世界に出られたときには、この先に待ち受けているのは幸せな時間だけだと浮かれていましたが、主人から完全に縁を切って、あの義家族と完全な他人になるまでは、決して楽なものではないと痛感しています。

 

息子に昨日の「会わせたい人」についても聞きました。

 

 

 

今は余計な人間関係をつくりたくないし、出来るだけ他の人に知られないように引っ越しをしたいから、会わせたい人がいると言われてもむやみに出歩くことはできない。とはっきり伝えました。

それでも息子は、今会っておいた方が絶対に私のためになるからまずは話を聞いて欲しいと頑なで・・・一度アパートに行くと言われたのですが、1人で来るとも限らないのでしばらくは忙しいから、せめて落ち着いてからにしてほしいと言いました。

 

私が疑心暗鬼になっているせいか、息子の様子が普段とは違うような気がしてなりません。主人にこの前の話し合いのときに、この先1人で生きていくとなれば私は絶対に苦労をすると聞かされ、息子も焦って色々と考えてくれているのかもしれません。ただ単に本当に親切心で提案をしてくれているのかもしれないのですが、今の私の精神状態と完全に噛み合っていないのです・・・

 

きっと息子のお嫁さんも心配してくれています。あの仲の良い夫婦にも私のことで迷惑をかけてしまっているので、きちんと謝る機会を設けないといけないとは思っています。少し落ち着いてからにはなってしまいそうですが・・・全く関係のないお嫁さんや孫に迷惑をかけたくはありません。

 

 

今日は外に出ようと思っていましたが、インターネットで調べた物件について電話で問い合わせをしてみようと考えています。そして今週中にどうにか時間を作って現地へ足を運ぼうと思います。不安もありますが、動かなければいけませんよね。

絶対に主人や義家族たちには引っ越し先を知られないように、諸々の手続きなども慎重に行います。あとあと調べられてしまっては全ての苦労が水の泡になりますので。