読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

部屋のドアを叩く音。また以前のあの人?と警戒をしていると外からは聞き覚えのある声がしました。

そろそろ昼食を作っていただこうと考えていたところで、部屋のドアをどんどんと叩く音がしました。以前部屋を覗いていたあの人がまたきた?最初に私と話がしたいからドアを開けてくださいと言った人?そう思って警戒していると、外から聞き覚えのある声がしました。

 

訪ねてきたのは大家さんでした。

私が何度か連絡を入れていたのと、以前の住人トラブルの件を説明しに来てくださったのですが・・・恐ろしい事実も聞かされました。

 

この前引っ越しをしていった人は男性だったそうですが、今現在このアパートには男性の方は1人も住んでいないというのです。早朝に窓から男性が覗いていたのですが、2階にはどんな方が住まわれているのですか?と聞いてみたところ・・・今は全員複雑な理由を抱えた女性が住んでいると。男性とのトラブルを抱えてここに身を隠している私と同じような境遇の人も多いから、パートナーをここまで呼ぶということも考えにくいと。

 

 

 

大家さんいわく、全くの部外者の可能性が高いとのことでしたが・・・そんな事を聞かされてしまうと一気に恐ろしくなりました。ではあの部屋に訪ねてきた男性は?お米をくださいと言っていた人は?確かめる術は現時点でありませんが、ここの住人ではないという事は明らかになりました。

住人が私だと分かっていての行動だったのか、誰であろうとかまわずに訪ねてきたのかは謎ですが。

 

あと少しで部屋を出る事になりますし、警戒をして戸締りをしておけば何か大事に発展するようなことはないと思っていますが・・・この部屋で過ごしていても完全に安心してはいられませんね。引っ越し先の目星もある程度ついてきましたので、仕事のことの不安は残っていますが強制的に引っ越しを決行してしまった方がすべてがうまくおさまるような気がしています。

 

私が遠く離れた場所へ移動すれば、弁護士さんを通してしか話が出来ないと別れば、主人やむつみや義理の母もいつかは私の事を諦めてくれるでしょうし、お金と時間をかけてまで相手にはしてこないと思うのです。

子供達も私がどこへ行ったのか知らないと言ってくれれば、あの人たちの標的にはならないですよね。遠い場所で私が自立した生活をはじめることが、子供達や孫達の幸せにもつながるのです。

 

 

急遽、今日か明日に不動産屋さんに相談をしに行ってみます。遠く離れた地へ引っ越しをする際の手順などはあまり把握しておりませんが、色々準備などもあるでしょうし、余裕を持って行動をして、何も痕跡を残さずにここから消えます。

 

今の状態の息子に・・・引っ越し先の事を伝えるかどうか、少し時間をおいて落ち着いてから伝えた方がいいのか、現時点ではまだ迷っています。