読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

息子と話をしてきました。そして、今日これからこの足で主人と義家族に会って直接

息子と話をしました。私と娘で必死になって、今までの結婚生活の中で私が味わってきたことを伝えました。本当に地獄のような日々だった、精神を病んで肉体的な障害を合併するほどの想像を絶するストレスを感じる毎日、自分の子供達には伏せておきたかったような酷い内容をできる限り克明に話しました。

途中、顔を歪め涙を流す娘と、息子もそこまで酷いことをされていたなんて・・・と言葉に詰まる場面がありましたが、私が今日伝えようと決めていた内容については事前に整理しておいたので全て包み隠すことなく話しました。

 

そして、私は改めて息子に言いました。

主人が今は本当に反省しているとか、本当は反省をしていなくて演技でそれを装っているとか、もう私にはそんなことは関係ない。今更何を言われても手遅れだし、私は主人もむつみも義理の両親のことも信用できない。だから何があってももう二度と顔を合わせるつもりはないし、離婚と引っ越しの意思も変わらない。

息子の気持ちは嬉しいし、私のこの先のことを考えて今回の話し合いの席を設けてくれようとしたのだとわかるけれど、私が経験してきた生きた心地のしない毎日のことを思い出すと、もうあそこに戻ることは考えられないのだと。

 

黙って聞いていた息子でしたが、私の涙ながらの訴えを聞いた後に話し始めました。

 

 

 

自分が想像していた以上に母さんの心の傷は深いものだった。本当に今回は心から反省しているように見えたから、会って話をすればお互いに気持ちが通じあってまた家族として再構築できるんじゃないかと思っていた、おばさんやばあちゃん(むつみと義理の母)もあんなに寂しそうな表情を普段見せない人たちだから、本当はあの人たちにとっても母さんはすごく大切な人だったんだろ思った。

こんな風に言っていました。

 

娘も、あんたがあっちの人たちの口車に乗せられたら、今度こそ本当にお母さんは行き場所と居場所を失うんだよ。だから騙されちゃだめ。聞く耳を持ったらだめなの。と言い聞かせてくれました。息子はただただ頷き、自分の考えが甘かった、何も知らないのにでしゃばった行動をしてしまった、と言ってくれました。

 

私が全てを伝えていなかったのも悪いですし、息子の優しさに漬け込んで今回の話を持ちかけた主人や義理の家族たちの作戦が悪質で卑劣です。

息子はしっかり話をつけてくると、今日これからこのまま主人と義家族に会って話をしてくると言い、元我が家へ向かいました。話が通じてくれて、わかってくれて本当に良かったです。きっとこれで、もうあの人たちに会って話をする機会を作って欲しいなんてことは言わないはずです。私と娘の言葉や思いがきちんと通じてくれたと思っています。

 

 

ホッとしたら一気に疲れが出てしまいました。

娘も自分の用事より優先して駆けつけてくれたので、お礼を言ってそのまま早めに帰ってもらいました。私もスーパーでお惣菜とおにぎりだけ買って部屋に戻ってきたところです。今日はお料理を作る気力も起きなそうなので・・・簡単な食事をして早めに休もうと思います。

 

あとは息子がしっかりと主人やむつみや義理の母に話をしてくれれば、もう私があの場所には絶対に帰らないという固い決意が伝わると思っています。

今回のことで息子を取り込めば、うまく私をおびき出せると考えていたでしょうけれど・・・もうあの人たちでは私の行動を止めることはできません。

 

 

薬を飲んで少しだけ横になります。

 

皆様、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。どうにかこの危機を乗り越えることができそうです。夜にはまた息子から連絡がくることになっていますので、またここでご報告させていただきます。