読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

息子が現れません

まだ息子が現れません。私がメールを送っても、娘が電話をしても、今のところなんの応答もありません。何かあったのかと心配しています・・・ただ遅れているだけなら良いのですが。

息子の事を信じていますが、やはり緊張はしています。必ず一人で来てと娘からも何度も念押ししてくれているので、それにまで反抗して主人たちを連れてくるようなことはないと思っています・・・

 

主人やむつみや義理の母は、変な嗅覚の鋭さを持っていますので、いまの息子の状態、自分たちの話を聞いてくれて、私との架け橋のような役目をしてくれる彼の今現在の精神状態を好都合と思っているに違いありません。

私と直接会えば、簡単に言いくるめられると自信があるでしょう。あの人たちからすれば、逃げ回っている私のことを捕まえてしまえば、あとは簡単に言う事を聞かせられると思っているに違いありませんから。息子には騙されないで欲しいです。今日の話し合いで目を覚まして欲しいです。あの人たちの言葉は全て嘘で、反省しているという態度も演技と思った方が良いのだと・・・

 

 

 

娘が明るい話をしてくれます。私の精神状態を気遣ってのことでしょう。この先の人生でお母さんはかならず幸せになれるから。たくさんの良い思い出が作れるような生活ができるようになるからと、たくさんの元気が出る言葉を投げかけてくれました。

私は必ず自由と幸せを手に入れます。ここから逃げ出して幸せを掴みとります。そのためにはやはり、息子の協力も必要なのです。

 

息子がきたら過去の真実をできるだけ細かく伝えます。そして、今までは話せなかったような精神的、肉体的苦痛についても伝えます。子供として親のそんな話を聞きたくないだろうと思っていましたが、今の私の気持ちを伝えるにはそうするしかありません。

 

主人も彼にとってはたった一人の実の父親。大切に思う気持ちもわかりますが、私は彼よりもずっと長い間、あの人と過ごしあの人のすべてを見てきたつもりです。口からでまかせなんて簡単に言える人。人を欺くのが得意な人。人の傷口を平気な顔をしてえぐってくる人・・・残酷ですが、あなたの父親はそんな人なのだということを今日伝えなければいけないと思っています。