読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

更新が遅れてしまい申し訳ありません。昨日の息子の発言が恐ろしすぎて、あまり眠れず

私の悪い癖ですが、考え込みすぎて最悪の想像もたくさんしてしまって、昨晩はあまり眠れませんでした。朝頭が重く、倦怠感もあったのですが、娘に電話をして無理を言ってアパートまで来てもらいました。昨日の息子の話を聞いていると、どうしても主人をはじめ、あの人たちに洗脳されはじめてしまっているような気がして・・・

今のままではいいように利用されて、すべてが崩れてしまう、あの子を私が止めてあげないと、いつかあちら側の人間になってしまうのでは?私のことを心配してくれている優しさが仇となって、知らず知らずの間にあの鬼たちにいいように使われてしまっては・・・息子があまりに不憫だと思ったのです。

 

娘が来てくれて、私が聞いたすべての情報を伝えました。娘も息子に連絡をしてくれたようですが、自分は母さんのためにみんなを和解させたいと思っているだけ、この先の生活のことを考えたら苦労するのは母さんなんだから仲直りするのが1番いいんだ、と聞く耳を持たなかったそうです。

 

娘は、やはりなにがあってもあの人たちと会うべきではないと、会ったらダメだと言っていました。一度会えば今まで刷り込まれてきた恐怖心が蘇ってしまって冷静ではいられないと・・・そうですよね、皆様もおっしゃってくれていますが、私自身平常心を保っていられる気がしません。弁護士さんや息子が同席してくれたとしても、義理の母やむつみを目の前にしたら関係ないと思います。

 

娘と話した結論としては、早急に一度息子と会って話をすること。

 

 

 

連絡をしてみると、今日は仕事が入っているから、明日の午後時間を作ってくれるそうです。その時に、今まで話していないような内容も含めて、私が今までされてきたことを伝え、心の傷は修復不可能なほど深く大きいのだと話してみます。あの人たちと一瞬でも同じ空間にいれば、その傷口はまたすぐに開き、私は自分を保ってはいられないと。

 

息子に電話をしてときに、娘が絶対にその場にお父さんは呼ばないでと念を押していましたが・・・まさかその場に強引に主人を呼んで私に会わせるようなことはありませんよね、私の意思に反してその場を強引に用意するほど、息子は彼らの主張を受け入れはしないと、そう信じています。

 

明日、娘も同席のもと息子と会ってきます。

明日の話し合いで息子も私の気持ちをわかってくれて、引っ越しや離婚を改めて受け入れてくれるといいのですが・・・この先の苦労のことを心配してくれるその気持ちは本当に嬉しいです。ただ、どんな苦労や困難が待ち受けていたとしても、あの地獄のような毎日に比べたら何でもないのだと、あそこにはもう何があっても戻れないのだと、わかってもらいたいのです。

 

 

娘と話をしたら、気持ちが少し落ち着きましたが、それでもまだ明日直接息子と話してみるまでは安心しきれません。

皆様からいただいたたくさんのメッセージを、これから改めてじっくり拝読させていただきます。本当にありがとうございます。

 

こんなところで今までの全てが無駄にならぬよう、あの子を説得してみます。