読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

性別のせいや、半分はあの人の血が流れているからとは思いたくありません。この期に及んで

息子が義理の母やむつみに今日会いに行くという話を聞いてから落ち着きません。私をどうしても会わせたいと考えている・・・というよりは、私の今後の苦労を現実的に考えたときに、知らない地で自分で働きながら生計を立てることの過酷さをまじまじと考えた結果、このような話になっているのかも知れません。

そして、それを息子にまじまじと考えさせたのが主人の言葉だと推測しています。お母さんがこの先自分で働いて、新しい部屋を借りて、1人で暮らしていくところを想像してみろ、お前たち(子供たち)がずっと面倒を見てやるわけにはいかないだろう?貯金もない50歳を過ぎた女1人で新たな生活を歩み始めるなんて過酷すぎる、などと私を思いやるような言葉を投げかけているように見せて、息子を少しづつ洗脳していったのです。

 

・・・と私は推測しています。これくらいのことは計算して、計画を立ててできる人だと思っているので。自分の目的のためなら手段を選ばないのは、母親ゆずりです。

 

仕事中に何度も電話やメールをしても息子の迷惑になると思ったので、1通だけメールで連絡を入れておきました。

あなたの気持ちは嬉しいけれど、私は本当にあの家族とはもう会えない。

そう伝えておきました。電話でも再三にわたって伝えたのですが・・・自分が会って全員の意思を確認してくると言って聞きませんでした。

 

 

 

複雑ですよね、私のことを思っての行動をしてくれているのですが、結果的には主人の口車に乗せられてしまっていると言いますか・・・言い方は悪いですが操られているようにしか見えなくなってきてしまっています。

あの人たちの手の上で踊らされているような気がしてなりません。どうにか今日義理の母やむつみと話しに行ってしまうのは止めたかったのですが、それは阻止できそうにありません。

 

男性だから?半分はあの人の血が流れているから?そんな風に考えてしまいたくもなりますが・・・そうは思いたくありません。

あの子なりのやさしさが、今こうして行動に現れているのだと。そして最終的には私の味方をしてくれる、きっと分かってくれると信じています。

 

 

今日の夜、もしくは明日には改めて息子が連絡をしてきてくれるでしょうから、その時にもう一度話をしてみます。娘も連絡を入れて説得してくれると言ってくれました。

もう話し合いではどうにもならないところまできてしまっているということ、きちんと理解させてあげられていなかった私の責任でもあります。

 

あの人たちと、話し合いだけで歩み寄れるようになんて・・・もう一生そんな事はありませんから。