読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

主人に(元主人と書きたいくらいですが)もう一切私に干渉しないでくださいと一通返信して

もう私に話したいことがあっても、これからは代理人を通じて話してください。あなたの声が私に届くことがあるかどうかは分かりませんが。と、そう言い放ってやれたらどれほどスッキリすることか。

先ほど送られてきたメールの数々を読んでいたら、腹立たしい感情を通り越して、あの人が哀れな人にしか見えなくなってきました。

私はあの環境に閉じ込められて、閉鎖的な場所で生活をしてきたと思っていましたが・・・主人もまた、義両親やむつみといった「駄目なお手本」しかいない狭い世界で生活をしてきた被害者なのかも知れません。だからと言って、人を不幸にして、自分が加害者になっていい理由にはなりませんけれど。

 

まだ彼と付き合っている頃に一度話してくれたことがありました。

自分は不器用な人間で、うまく感情を表に出せない。そのことで母親に子供の頃はよく叱られたと。

母親は感情的になると手がつけられないと、昔は自分で言っていたのに。それなのに、その血をしっかりと受け継いで私や子供に振りかざしたあの人のことは、どう頑張っても許せません。

自分がされたからと言って、人に嫌がることをしていい理由にはならないよ。そう子供達に言い聞かせ育てるときに、良い見本にはなったのかも知れませんが。

 

 

 

息子から電話がかかってきて、お嫁さんがまたいつでも話をする時間を設けますので、困ったときや苦しいときはいつでも連絡をしてくださいと言っていると教えてくれました。私の結婚生活を見ているからこそ、苦労している姿が目に焼き付いているからこそ、子供達は最高の相手を選び、本当に幸せな結婚と家庭を手に入れられることができたのかも知れません。反面教師ですね。

 

私はこの先、子供達や孫達に何かを与えられる人間になれるでしょうか?

今の中身がすかすかな私の状態では、次の世代に何かを伝えられる自信がないとずっと思ってきましたが、1人でゆっくりと考えられる時間が増え、心が少しづつ休まっていくに従って・・・ほんのすこしだけ、私にも何かを伝え、残すことができるのではないかと考えられるようになってきました。

 

主人からのメールはただ弁護士さんに提出するだけの証拠。

もうあの人の言葉に心が揺れることも、惑わされることもありません。少しは冷静さと強さを身につけることができたのかもしれません。

 

子供達がくれる思いやりや優しさ、皆様が贈ってくださるたくさんの勇気が、私の大きな翼になろうとしています。