読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

藁人形を使って人に呪いをかける行為は、念が強ければ本当に相手が不幸になると

たっぷり寝たので昨日よりもかなり楽になりました。微熱は続いていますが、これくらいなら大丈夫です。これ以上悪化したり、長引かないように気をつけます。

 

ふと思い出したことがあるのですが、もう10年以上前の話、むつみは藁人形に呪いの念を込めていました。退職した職場の女性上司を呪ってやると、藁人形に相手の写真を貼り、ぶつぶつ何かを言いながら儀式の真似事をしている彼女を見たときはゾッとしました。

そんな事をわざわざ我が家でやらないで自分の家でやってくれればいいのにと思いましたが・・・当然そのような文句は言えず。

 

本当かどうかは分かりませんけれど、その後相手の女性が軽い交通事故?に遭ったという話を聞きました。足の骨を折り全治数ヶ月の大怪我を負ったという話を聞いたむつみは、私の思いが届いた、あいつは呪われたと、お酒を飲みながら大はしゃぎしていたのを覚えています。

 

 

 

藁人形を使うなんて、小説や映画の中の話と思っていました。現実にそんな事をする人がいるという事に衝撃を受けましたし、それが自分の身内だと思うと恐ろしくなりました・・・オカルトのような事を信じるわけではありませんが、あれほどに強く真剣に念を込めると、その思いは本当にその相手に届くのではないかと・・・

 

今、むつみは私に対して腹を立てていますから、もしかしたら私の藁人形に呪いをこめていて、それがこの体調不良の原因なのでは?と少し怖くなりました。

・・・そんなはずはありませんよね。ただ疲れが溜まっていて、引っ越しをした事で張り詰めていた糸が切れて気が緩んだだけ。この時期にいつまでも寝込んでいる場合ではないので今日で体調を整えて、明日は一度娘と息子に会いに行く予定です。

 

 

私を従順な家政婦と思っていた主人は、今までなんでも言う事を聞いていた人間が全く自分に見向きもしなくなった事で少しはショックを受けているのでしょうか?苛立ち、憤慨しているのは容易に想像できますが、少しは今までの自分の考えや行動が間違っていたと反省して、自分を見つめ直す機会になって欲しいです。

私にはもう関係のない人ですが・・・一度は大切に思った人ですから。大切な子供達の唯一の父親であり、愛する孫たちのじいじでもあります。そんな人が、周囲から残念な人間と思われ続けるのは、なんだか悲しいのです。

 

あの人の心配をしているわけではありませんけれど、こんな事を考えている時点でお人好しですね。もう気にしなければいいのに。自分でもそう思います。

 

 

今日は週末、あの鬼たち一家は集まって家族会議を開いているかもしれません。

もうそろそろ、こんな私のことは放っておいて欲しいです。家を出ていった嫁のことなど是非忘れてください。