読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

熱が上がってしまいました。最後にこれだけ書かせてください

熱が38度を超えてしまい、少ししんどくなってきました。

部屋はかなり寒いので厚着をして布団をかぶって早めに眠ります。

 

ですが、最後にこれだけ書かせてください。

 

私はやっぱりこの地に、あの人たちがいるこの場所にいては駄目なようです。予定では今月いっぱいはこの仮住まいで過ごすつもりでいるのですが、可能であれば一刻も早くここから消えます。離婚もします。問答無用で離婚届を主人に突きつけます。

 

 

 

私がこのあたりにいる限り、きっと子供たちや孫たちにも迷惑がかかってしまうのです。私がいなくなれば、あの人たちもその内諦めてくれるはずです。

恐怖の塊のような家族ですが、あんな生き方をしていれば、いつか社会から孤立していきます。コメントで皆さんがおっしゃっている通り、あんな人たちにはいつか必ず罰が当たります。

 

私にできる唯一の抵抗は、何も言わずに、何も残さずにここから消えてしまうこと。想像もつかないような場所へ逃げてしまうこと、そして弁護士さんを通して離婚届を突きつけ、慰謝料を請求すること。

 

それくらいしか出来ませんが、それで十分です。

憎いですが復讐をするつもりなどありません。その勇気も私にはありません。でも逃げることはできるのです。

 

 

1秒でも早くここを離れて離婚します。

一度離れたら、もう一生ここに戻ってくることはないと思うと、やはり少しは寂しい思いもあります。しかし、これから余生を過ごす場所では、きっと今までの人生以上にたくさんの良い思い出ができるに違いありません。

 

もう私の心が揺らぐことはありません。とにかく早く、ここからいなくなりたいのです。

 

明日には少し体調が良くなっていますように。

悪夢を見て起きてしまわないように、ぐっすり眠って頭と体の疲れを取りたいです。

 

今日も皆様からのお言葉と応援にたくさんの勇気をいただきました。心から感謝しております。いただいたお言葉の数々、すべて大切に読ませていただいております。

本当にありがとうございます。

 

おやすみなさい