読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

今度は主人からの電話。私にかかってきたのではなく、息子のところへ。忠告として

離婚調停や、離婚について調べていました。調べれば調べるほど、私が踏み出した一歩はまだほんの始まりにすぎないという事を思い知らされます。

これから様々な困難が待ち受けていて、時には苦しむこともあるでしょうけれど、苦難に負けずに30年ぶりの自由を手にいれるために、勇気を振り絞って戦います。

 

主人から連絡が入ったと、先ほどの娘につづき息子からの連絡をもらいました。もしかしてもう引っ越しのことを知られたのではないかと、警戒して電話に出てみたそうなのですが・・・

 

母さんから何か聞いてないか?

 

そう意味深な一言しかたずねてこなかったそうです。短い言葉ですが、考えようにいっては色々な意味を含んでいそうですし、こちらを探っているようにも思えたようで、息子は「なにを?」とだけ返したそうです。

 

 

 

すると主人は

母さんと連絡が取れない。今どこで何をしているのか聞いていないか?

そう聞いてきたとのこと。

 

今のところ聞いてない。たとえ聞いてたとしても俺からは言わないよ。仕事中だし切るね。

息子はこのように主人をあしらってくれたようです。本当にありがたいです。子供達2人がここまで頼もしいと心強いものですね。

 

普段は・・・と言うよりも、今までの人生の中では、一切子育てに関して関与してこなかった人が、自分が困った時だけその子供達に頼ろうとする、その考えが信じられません。

子供に何も与えられなかった人が、子供から何かを与えてもらえるなんて考えて欲しくないです。あの子たちももう立派な大人、うわべだけの態度や言葉でどうにかしようなんて考えが浅はかすぎますよね。

 

息子は、娘ともラインで話したそうで、むつみが突然家に来たという件についても知っていました。そして私に、くれぐれも注意して行動しないとだめだよ、と忠告をしてくれました。

あいつらが何を考えているかまだ読めないけど、絶対に母さんを連れ戻すことを諦めてはいないからと。連れ戻されたら今度こそ逃げ場はなく、以前にも増した地獄が訪れてしまうことは目に見えています。

 

なので、身を移したとは言え、油断せずに1つ1つの行動を警戒したいと思います。やはり、人の皮を被った鬼たちの考えることは、普通の人間では想像もつかないのですね。

 

そんな話をしていたら、まだ外は明るいのに、近所の散策や買い物に出ることすら恐ろしくなってきてしまいました。しかし、最低限の買い物はしてこないと今日食べるものもありませんので、なるべく手短に買い物を済ませて帰ってこようと思います。

 

警戒や注意は必要ですが、ある程度恐怖心は我慢しないと何も行動できず、立ち止まってしまいますから・・・気持ちを奮い立たせて頑張ってみます。