読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

何もない寂しい部屋に鳴り響いた着信音・・・心臓が痛くなるほどドキッとしました。予想外の相手から

バタバタしていて、豪勢な食事はできませんでしたが、自由を手に入れた私にとって値引きされたお弁当ですらご馳走に感じるほど美味しかったです。

部屋の整理をして・・・と言っても、それ程多くの物がないのですぐに終わり、テレビもないのでパソコンでこの先の事をあれこれ調べていたのです。

 

そんな時に携帯電話が鳴り、思わずビクッとしてしまいました。心臓が激しく鼓動してもしかしたら昨日も今日も無反応だった私の行動に激怒した主人かもしれない?と、携帯電話の着信画面を見るのが恐ろしくてたまりませんでした。

 

引っ越し作業中に電話が鳴ったら聞こえないかもしれないと着信音量を最大にしておいたので、その音は大きく鳴り響き、ドアの外で主人が私の電話を鳴らしていたら・・・そこまで考えてしまいました。小心者なので・・・すぐに変な想像をしてしまうのです。

 

 

 

しかし、電話の画面を見てみると、相手は娘でした。こんな時間に?と電話に出てみると、受話器の向こうにいたのは孫。泣いている様子でした。

 

ばあばがいなくなったらさみしい

 

昨日まで毎日一緒にいたので、急に私がいなくなった事で寂しくなったのでしょう。子供にはよくあるような事ですが・・・私も年甲斐もなくもらい泣きをしてしまいました。大丈夫だよ、またすぐに会えるからね、と言いながら涙が溢れてきてしまいました。本当に涙腺が緩くなりました。

なんとか孫のことを落ち着けて、娘に何も変わったことはないと伝えて電話を切りました。孫は明日もばあばとうめた種にお水をあげるからね。と言っていました。野菜を収穫したときは一緒に食べられれば嬉しいのですが。

 

着信に驚きすぎて脳が目覚めてしまったのか、今日は引っ越しで疲れているはずなのにまだ眠くなりません。きちんと寝て疲れを取らないといけないのですけどね。

仮の住まいは、思ったよりもかなり快適です。1ヶ月身をひそめるために使うくらいであれば、特に何の不自由もないように感じます。もともと自宅にいても質素な暮らしをしていましたし、あまり気にならないようになっているというのもありますが。

 

今日はもう少し離婚について、今後引っ越すどこか遠くの場所について、調べてから眠ろうと思います。

 

改めて、私を心配して全面的に協力をしてくれた娘と息子、私のことを迷惑がらずにかくまってくれたお婿さん、私にたくさんの愛情をくれた孫、そして、ここで心温まる応援やコメントを下さった皆様に感謝いたします。

おかげさまで無事に大きな一歩を踏み出せました。地獄から這い上がってこれたこと、本当に幸せに思います。