読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

大家さんから告げられたのは、私の知らない訪問者の話でした。

仮住まいの契約をもう少しだけ延長させてもらいたいと話をしたところ、快く受け入れてもらえたので安心しました。急な用事や体調不良もあって、しばらく部屋を留守にしていましたけど、これからは毎日いると思いますと伝えると、大家さんから不思議な話をされました。

 

前に私が部屋にいるかどうかの問い合わせをしてきた男性と同一人物かは分からないけど、何回か見知らぬ男性がアパートの敷地内にいるのを見かけて、声をかけてみたと。部屋にいなかった短期間の間に数回見かけるというのは・・・頻度としては相当なものだと思います。

声をかけてみると、その男性は慌てる素振りもなく、私の部屋番号を言ってしばらく帰ってきていないのか?と訪ねてきたそうです。以前の電話のこともありましたし、大家さんも気を利かせてくれて、住人個人のことは私の口からは言えないと言ってくださったそうです。

 

するとその謎の訪問者は、用事があって連絡を取りたいのだけど、なかなか連絡が取れずに困っている。人違いだと困るからここに住んでいる人の名前を教えて欲しい。などと言い出し、不審に思った大家さんは全て断って帰ってもらったとのことでしたが・・・

 

 

 

一体誰なんでしょう。もしかしたら、本当に私の前に一時的に住んでいた人のお知り合いかも知れませんし、私には関係のない人の可能性もありますが・・・不気味なので気をつけるようにします。(私の前にこの部屋に住んでいたのも中年の女性とのことでした)

薄暗く、お世辞にも健康的とは言えない部屋に戻ってきました。

 

部屋の中を掃除して、空気を入れ替えて、ここでしばらく心と体を休ませます。携帯電話の電源も切ってしまおうと思っていましたが、連絡が全く取れないのは不安だと娘から言われたので、音の出ないような状態で部屋の隅に置いておくことにしました。娘からの連絡にだけは、メールで返事をできるようにします。

 

とっくに限界を超えてしまっているのかも知れませんが、こんなところで心が折れてしまっていたら、この先きっと色々な事を乗り越えられません。自立して生活をするという事はそんなに甘くないと思うので、自分の責任で乗り越えたいと思っています。

今を無事に乗り越えて、また一歩づつ前へ進めるように頑張ります。一度自分の気持ちをリセットするために、ここのところずっと考えていた全ての問題や悩みのことを考えないようにします。